物件購入までの流れ

~お部屋探しから新しい生活を始めるまでの流れ~

①ご希望にかなう物件を探し始める

 

立地・価格・内装、さらにはペットの飼育がOKかなど、細かい希望にも出来るだけ叶う物件があるかどうかを不動産屋さんと一緒に探していく。

全ての希望に添える物件に出会う確率は低いので、出来るだけ80%に近い物件を目安に探しましょう。

 

②資金計画・ローン事前審査・承認

 

銀行からどれくらいの金額を借り入れできるのか?

また、月々の支払いはどれくらいなのか?

など事前に住宅ローンの審査をしておく事で、購入までの手続きをスムーズに進めることが出来ます。

 

③お部屋の内覧・見学会

 

希望に近い物件を出来るだけ多くの見学をし、条件に当てはまるかはもちろん、『その物件に住む近隣の方はどんな人か?』マンションであれば『管理体制は良好か?』など住んでから後悔しないためにも、細かくチェックしていく。

あらかじめ不動産屋さんに事前に聞くとよい

 

④購入の申し込み『購入決断』売渡承諾書受領

 

いい物件を購入するためのポイントは、ほしい物件が現れた際に購入申し込みが出来るかどうかです!『もう少しほかの物件が見たい』と悩んでいる間に、その物件を購入したいほかのお客様が購入申し込みをしてしまうと、そこから購入申し込みをしたとしても順番待ちとなり、その物件を購入できない場合が多くありますのでご注意ください。

 

⑤物件調査・インスペクション『建物診断』

 

市役所や法務局などで、水道・下水道の状況や、法律のチェックなど物件調査を行う。

※シロアリ調査や屋根裏の雨漏り、家の傾きを調査するインスペクションはこのタイミングで(有料)

 

⑥重要事項説明・売買契約締結

 

宅地建物取引士により購入物件に関する重要な事項を説明。問題がなければ売買契約の内容を確認し、契約を締結する。

リフォームをお考えの方は、売買契約締結後にリフォーム業者と打ち合わせを行います。

 

⑦住宅ローン本申込

 

住宅ローン本審査の申込、リフォームや諸費用を含めてローンを組むのか?自己資金をいくらぐらい利用するのかで内容が変わります。リフォームをローンに組み入れる場合は見積りと請負契約書が必要なので、事前にリフォーム業者にご相談を!

 

⑧金銭消費貸借契約(金融機関と住宅ローンの契約)

 

本審査後の『お金を借りる契約』。通常は銀行営業日の平日に行います。

 

⑨決済・引渡し

 

売買代金残額・諸費用の支払い、所有権が移る(引渡し)日です。この日に合わせて『火災保険』に加入できるよう、住宅引渡し日から1ヵ月半~2ヶ月前くらいを目安に余裕を持って加入準備をしておくこと。

 

⑩当社にお任せ!!リフォーム・リノベーション

Before

After

Before

After

『当社のリノベーション例』

オーダーキッチンや、海外ブランドの壁紙を使ったオシャレなリノベーション

リフォームをお考えの方は、所有後に実施します。お部屋の内装や間取り変更など、リフォーム業者と綿密な打ち合わせを行い、理想の住まいへと変えていきます。当社はリフォーム・リノベーションも行っていますので、検討されている方は是非ご相談ください!!

 

⑪お引越し・ご入居

 

いよいよ新生活スタート!

引越し業者もご紹介・手配が可能です。事前にお家の荷物もまとめておきましょう!

 

⑫確定申告

住宅ローン控除の適用を受ける方は、住宅に入居した翌年2月16日~3月15日の間で税務署に申告する必要があります。

物件の構造や築年数などで、『耐震基準適合証明書』が必要になる場合など、適用条件があるので当社にお任せください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お住まいをお探しの方はこちらから

https://aspeccorporation.com/baibai/bl/all

物件購入・売却についてのご相談は下記のフォームからお問い合わせください。

ご質問・お問合わせはこちらからお願いいたします。

必須お名前
任意ご住所
任意 電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容